ペンタトニックスケールによるギターソロがとてつもなくかっこいい!「Forever man」(フォーエバーマン) 三大ギタリストYoutube動画特集
FC2ブログ

三大ギタリストYoutube動画特集

アマチュアギター弾きの管理人がロック界の三大ギタリストの動画を彼らが所属したバンドごとに特集するブログ!エリッククラプトン、ジミーペイジ、ジェフべックのファンの方もそうでない方もぜひ立ち寄っていってください!

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ペンタトニックスケールによるギターソロがとてつもなくかっこいい!「Forever man」(フォーエバーマン)

エリッククラプトンには数々の名ギターソロと
いわれているものがあるわけですが、その中でも
個人的には5本の指に入ると思う曲を紹介します。

この曲の収録されているアルバムは
1985年発表の「ビハインド・ザ・サン( Behind the Sun)」。



もともとはドラマーで歌手でもある
フィルコリンズプロデュースによるアルバム。
かなりポップス志向なアルバム。

それでは曲を紹介します。
このアルバムからの第一弾シングル「Forever man」です!

↓↓↓↓↓




この曲のソロはペンタトニックスケールのみ
を用いたソロです。

ギターをやっている方には割とおなじみ
なペンタトニックスケール。

通常音階は7つの音で構成されていますが(ド,レ,ミ,ファ,ソ,ラ,シ)
ペンタは5という意味。

なので5つの音で構成されている音階です。
この曲に限って言うと(レ,ファ,ソ,ラ,ド)
というDmペンタトニックスケールが使われています。

ペンタトニックスケールを用いたある意味で
単純なソロなのですが、ペンタトニックスケールだけで
こんなかっこいいギターソロってつくれるのか!
って私は驚いた曲です。

ソロはテクニックも大事ですが、初めから終わりに至る
流れ、そして一音一音の表現力が大事なんだなと痛感させられる曲です。

割と最近のライブ盤はこちら
これはこれでよい感じ^^
  
 ↓↓↓



ソロの出だしはレコードと同じですね。
関連記事
にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

| クラプトン・ソロ | 11:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://guitaristdoga.blog.fc2.com/tb.php/66-62a28094

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。