凝ったアレンジが印象的な「レイン・ソング」(The Rain Song) 三大ギタリストYoutube動画特集

三大ギタリストYoutube動画特集

アマチュアギター弾きの管理人がロック界の三大ギタリストの動画を彼らが所属したバンドごとに特集するブログ!エリッククラプトン、ジミーペイジ、ジェフべックのファンの方もそうでない方もぜひ立ち寄っていってください!

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

凝ったアレンジが印象的な「レイン・ソング」(The Rain Song)

レッドツェッペリンのアルバム「聖なる館」(Houses of the Holy)は
多彩な音楽性がいかんなく発揮されたアルバムです。

その分ロック色が弱まったという意見もあって評論家には
散々に言われたようですが^^;

このアルバムは面白い曲がたくさんあるのですが、
ツェッペリンの中でもかなり美しいと思う曲を紹介します。



この曲はアコースティックギターとエレキギターの演奏から始まり
メロトロン、エレクトリックベース、ピアノ、ドラムスという風に
楽器が加わっていき、最後にはアコギとエレキで終わるという構成。

この曲では通常のギターのチューニングではなく
変則的なチューニングが用いられていて、
そのことがこの曲の美しい響きに一役買っているのだと思われます。

ちなみに通常のチューニングは六弦から「E・A・D・G・B・E」
この曲のチューニングは「D・G・C・G・C・D」。

ライブ盤でもいいのですが、レコード盤の方が緻密なアレンジを
味わえてよいと思いますので、レコード盤をどうぞ!↓↓↓↓



変則チューニングされているとコピーが大変ですよね^^;
そんなときに楽器屋に行って楽譜を見てチューニングだけ
覚えて帰ってくるなんてことをよくやっていました。

今考えたらいい迷惑です(笑)
関連記事
にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

| レッドツェッペリン 「聖なる館 」以降~ | 14:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://guitaristdoga.blog.fc2.com/tb.php/65-720461a3

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。