ジェフベックのギターインストの名曲「哀しみの恋人たち」(Cause We've Ended As Lovers) 三大ギタリストYoutube動画特集

三大ギタリストYoutube動画特集

アマチュアギター弾きの管理人がロック界の三大ギタリストの動画を彼らが所属したバンドごとに特集するブログ!エリッククラプトン、ジミーペイジ、ジェフべックのファンの方もそうでない方もぜひ立ち寄っていってください!

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ジェフベックのギターインストの名曲「哀しみの恋人たち」(Cause We've Ended As Lovers)

今回もジェフベックのソロ作品
「Blow By Blow」から曲を紹介します。

この曲はスティービ-ワンダーが作曲の曲で
ジェフベックの代表曲ともいえるギターインストの名曲です。


「哀しみの恋人達 -( Cause We've Ended As Lovers) 」

↓↓↓




私もコピーしようとしたことはあるんですが
同じようには全くならない…

ジェフベックはちょっとすごすぎるな…
と思ってしまった曲です。

頻繁にギターのボリュームをいじって音のひずみ具合
を調整することやアーミングによって多彩な音づくりをして
曲の悲しい雰囲気を見事に表現しています。

先ほど紹介した動画は後ろが中途半端に切れていたので
同じ曲の動画をもう一本紹介します。

私はこちらの動画の方がギターの音が好みです^^



驚きなのは近年のジェフベックは基本的に
ギターをアンプに直接つなげているということです。

エフェクターというギターの音を変化させる
道具はほとんど使用していないんです。

なので弾き方やボリューム調整、アーミングで
あの多彩な音を創り出していることなので
にわかに信じがたい…すごいな…
関連記事
にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

| ジェフべック・ソロ(フュージョン) | 10:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://guitaristdoga.blog.fc2.com/tb.php/57-31dcdf5a

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。