エリッククラプトンの「I Shot The Sheriff(アイショットザシェリフ)」動画を集めてみた 三大ギタリストYoutube動画特集

三大ギタリストYoutube動画特集

アマチュアギター弾きの管理人がロック界の三大ギタリストの動画を彼らが所属したバンドごとに特集するブログ!エリッククラプトン、ジミーペイジ、ジェフべックのファンの方もそうでない方もぜひ立ち寄っていってください!

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

エリッククラプトンの「I Shot The Sheriff(アイショットザシェリフ)」動画を集めてみた

今回はエリッククラプトンの「I Shot The Sheriff(アイショットザシェリフ)」動画特集です。

エリッククラプトンのギターソロのアドリブは年代によって雰囲気が違うので聴き比べると面白いですよ。

クラプトンにとっての初の全米1位を獲得したナンバーです。オリジナルはレゲエでボブマーリーのナンバーです。


クラプトンはクリーム解散後、ブラインドフェイスを結成します。しかしながらこのグループはアルバムをたった一枚だけ残しすぐ解散してしまいます。

ブラインドフェイス解散後はクラプトンはアメリカにわたりデレクアンドザドミノスを結成します。このバンドでクラプトンは名曲「Layla(レイラ)」を発表します。しかしこのバンドも長続きせず、クラプトンはソロ活動にかじを切ります。

このころからクラプトンはドラッグ中毒に陥り、音楽活動がままならなくなり一時的に音楽界から姿を消します。

この間にクラプトンはなんとかドラッグを断ち切り復帰アルバム「461オーシャン・ブールヴァード」を発表します。

「I Shot The Sheriff(アイショットザシェリフ)」はその中におさめられた一曲です。

■2010年


■2004年


■1986年


■Hyde Park (Live)


■1977







関連記事
にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

| クラプトン・ソロ | 17:27 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは。

私の悪い癖と言うか趣味は、重箱の隅をつつくことでして。

たいしたことではないのですが、2004年の映像の
3分39秒の所、「ア~~イショット・・・」じゃなくて
「アイショット・・・」と決める所です。
映像が後ろ姿で分かりにくいですが、クラプトン先生が
ボーカルの入りをトチってます。

結構オフィシャル発売になってる映像でも、
先生は色々やらかしてくれてます。
我々が間違っても当たり前ですね。

いつだったかの名古屋公演で、私と隣の友人が先生の
ぶっ飛びミスで椅子からズリ落ちました(笑)
回りの人々は何事も無かったように普通だっだので
こちらが恥をかきましたが・・・
割と毎回何かやらかして、楽しませてくれます。
それを自分達のライブで真似してみたいのですが、
ギャグにはなりそうもないのでやってません。

いつもライブを聴いて思う事。
エリック先生の時は「ああいう風に弾けるように練習しよう!」
に対し、ジェフ・ベック師は
「あんな風に弾ける訳無いよな・・・もうやめようかな・・・」
と言う対極の位置にいます。

| エーイチ | 2012/05/01 21:55 | URL | >> EDIT

エーイチさん、こんにちは^^

>3分39秒の所

確かに入りが遅れてしまいましたね。多分その前に音伸ばしてるところで盛り上がって次のことを忘れてしまったんでしょうね^^
>
> いつだったかの名古屋公演で、私と隣の友人が先生の
> ぶっ飛びミスで椅子からズリ落ちました(笑)

ずり落ちなくてもいいのに(笑)でもずり落ちるほどのミスをするとは意外ですね。

> それを自分達のライブで真似してみたいのですが、
> ギャグにはなりそうもないのでやってません。

全員知ってるなら面白そうですが、まぁなかなか受けをとるのが難しそうなネタではありますね(笑)


> いつもライブを聴いて思う事。
> エリック先生の時は「ああいう風に弾けるように練習しよう!」
> に対し、ジェフ・ベック師は
> 「あんな風に弾ける訳無いよな・・・もうやめようかな・・・」
> と言う対極の位置にいます。

何と的確な表現でしょうか。エリッククラプトンの方が大多数に知られている理由がわかりますね。

| ぽんたろう | 2012/05/03 10:54 | URL |

初めまして。
僕も大好きな曲です!!
ちょっと切ない感じのメロディーで、ソロにもストーリーがあって。。

| riverwood | 2012/05/10 23:20 | URL | >> EDIT

riverwoodさん、こんにちは^^

私のブログに足を運んでくださってありがとうございます^^

いい曲だと思います!ボブマーリーには悪いですが、私はクラプトンが演奏してるのが好きです(笑)

特に近年の演奏が好きですね。

| ぽんたろう | 2012/05/11 09:14 | URL |

はじめまして

ぽんたろうさん、はじめまして!

拙ブログにコメントいただき、ありがとうございます。

早速、ぽんたろうさんのブログを、拝見しましたが、
ギタリストの名曲動画が、たくさん紹介されていて、
弾き方講座もわかりやすく、すごく楽しい内容です。

50歳を過ぎた自分でさえ、リアルタイムでない曲に、
まだ20代の方が精通していて、とても驚きました。

これからも、よろしくお願いします。

| ギターマジシャン | 2012/05/13 11:28 | URL |

ギターマジシャンさん、私のブログにお越しいただきありがとうございます^^

>50歳を過ぎた自分でさえ、リアルタイムでない曲に、
まだ20代の方が精通していて、とても驚きました。

はじめは単に好きな曲を紹介していこうと思っていたのですが、記事を書くなかで聞いたことのなかったアルバムに手を出したり、youtubeの動画をあさったりして三大ギタリストの魅力にさらにどっぷりつかることになってしまいました(笑)

こちらこそよろしくお願いします。

| ぽんたろう | 2012/05/13 18:12 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012/06/04 00:36 | |

原盤の方を聴いてみたのですが、
こちらは目玉のギターソロが無いんですね。

断然ライブのアレンジがベストな曲ですね。

| E1 | 2013/10/17 15:01 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://guitaristdoga.blog.fc2.com/tb.php/121-f9f023a7

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。