アーカイブ :2012年02月 三大ギタリストYoutube動画特集

三大ギタリストYoutube動画特集

アマチュアギター弾きの管理人がロック界の三大ギタリストの動画を彼らが所属したバンドごとに特集するブログ!エリッククラプトン、ジミーペイジ、ジェフべックのファンの方もそうでない方もぜひ立ち寄っていってください!

<< 2012-01- | ARCHIVE-SELECT | 2012-03- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ジミーペイジに影響を与えたギタリスト~デイヴィ・グレアム~




大ギタリストに影響を与えたギタリスト第6回は"デイヴィ・グレアム(Davy Graham)"です。

デイヴィ・グレアムはイングランド出身のギタリスト。
ソロギタースタイルの演奏が多く派手さはないが
1960年代のフォークスタイルの発展に重要な役割を果たした人物です。

またフォークといってもブルース、ジャズ、中東音楽、インド音楽など
にも興味を示しており音楽性も多様なギタリストです。

>> Read More

関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

| ジミーペイジに影響を与えたギタリスト | 12:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ジミーペイジに影響を与えたギタリスト~ビッグ・ジム・サリヴァン~




大ギタリストに影響を与えたギタリスト第5回は"ビッグ・ジム・サリヴァン(Big Jim Sullivan"です。

イギリス出身のギタリストでスタジオ(セッション)ミュージシャンとして
活躍している人物でジミーペイジのギターの師匠でありました。

ペイジは師と行動することが多かったため「リトル・ジム」
の愛称で親しまれていたとのこと。

>> Read More

関連記事
にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

| ジミーペイジに影響を与えたギタリスト | 11:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

エリッククラプトンに影響を与えたギタリスト~オーティス・ラッシュ~

三大ギタリストに影響を与えたギタリスト第4回は"オーティス・ラッシュ(Otis Rush)"です。




オーティス・ラッシュはアメリカ出身のブルースギタリスト。
シカゴブルースの発展に大きく貢献した人物。

オーティス・ラッシュはギターソロを前面に出すようなスタイルで
当時としては斬新なそのサウンドはウェスト・サイド・サウンドといわれました。

>> Read More

関連記事
にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

| エリッククラプトンに影響を与えたギタリスト | 12:51 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

エリッククラプトンに影響を与えたギタリスト~フレディ・キング(Freddie King)~




三大ギタリストに影響を与えたギタリスト第三回は"フレディ・キング(Freddie King)"です。

フレディ・キングはアメリカのブルース・ギタリスト。
同時期に活躍していたブルースギタリスト、アルバートキング、BBキングらと
フレディを合わせて三大キングの名で親しまれた。

>> Read More

関連記事
にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

| エリッククラプトンに影響を与えたギタリスト | 11:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

エリッククラプトンに影響を与えたギタリスト~マディ・ウォーターズ~




三大ギタリストに影響を与えたギタリスト第二回は「マディ・ウォーターズ(Muddy Waters)」です。

マディ・ウォーターズはアメリカ出身のブルースギタリスト。
”シカゴブルースの父”と呼ばれエリッククラプトンを初め
さまざまなミュージシャンに影響を与えました。

マディ・ウォーターズといえばエレキギターを用い
バンドスタイルのブルースを追求し、いわゆるシカゴブルース
の土台を作り上げた人物です。

>> Read More

関連記事
にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

| エリッククラプトンに影響を与えたギタリスト | 10:20 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

エリッククラプトンに影響を与えたギタリスト~ロバートジョンソン~

三大ギタリストに影響を与えたギタリスト第一回はロバートジョンソンです

ロバートジョンソンはアメリカのブルースミュージシャン。
同時代のブルース、その後のロックなどに多大な影響を与えた
人物として知られます。

生涯に残した曲は29曲のみで27歳で人生の幕を閉じている。

>> Read More

関連記事
にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

| エリッククラプトンに影響を与えたギタリスト | 12:06 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

三大ギタリストたちに影響を与えたギタリストたち

「三大ギタリストたちに影響を与えたギタリストたち」
というカテゴリを作ることにしました。

このカテゴリでは三大ギタリストの音楽性に何かしらの
影響を与えたギタリストたちを紹介していきます。


ギタリストのルーツを探ることによって
さまざまな音楽に触れることができ自分の音楽人生を
さらに豊かなものにできると思います。

あなたがもしギタリストなら三大ギタリストに影響を与えた
ギタリストたちの音楽を分析することでよりより深く三大ギタリストの
プレイを聞くことができるようになると思います。



にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

| 三大ギタリストに影響を与えたギタリストたち | 15:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ブラックドッグ(Black Dog)のリフの弾き方




ミーペイジ弾き方動画第2回は「ブラックドッグ(Black Dog)」
を取り上げたいとおもいます。

ブラックドッグはレッドツェッペリンで一番売れたアルバム
「レッド・ツェッペリン IV (LED ZEPPELIN IV)」に収録されています。

この曲のリフは単音のリフでリ比較的ゆったりと
している曲なので第2回にふさわしい曲かと思います。

(しかも定番!)

>> Read More

関連記事
にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

| ジミーペイジ弾き方動画 | 11:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ジェフベックのスキャッターブレインでギターの基礎練習をする

ギターを練習する際に一番つまらない練習。でも大事。
それが基礎練習です。

例えばひたすら半音でフレットを上がって、一定のことろで下りてくる練習。
六弦でやるならファファ#ソソ#→ファ#ソソ#ラみたいな練習。
人差し指から小指までを一本ずつ使って半音でフレットを上がっていく
という練習ですね。
(ちなみにクロマチック練習っていいます)

>> Read More

関連記事
にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

| ジェフベック弾き方動画 | 11:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

スイートホームシカゴのコード進行~ブルースの基本的コード進行について。




「エリッククラプトンとブルース」というコラムで
「スイートホームシカゴ」(SWEET HOME CHICAGO)をとりあげました。

そこではブルースというのは7thコードが使われるなど
やや抽象的にブルースに言及したので、もう少し
具体的にブルースのコード進行について述べてみたいと思います。

>> Read More

関連記事
にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

| コラム | 13:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

エリッククラプトンの名曲「レイラ」 イントロのギターの弾き方

エリッククラプトンの名曲といえばこれだけは外せない(少なくとも私の中では)

CMで多用されるこの曲は多くの人が耳にしたことのある曲だと思う。
なのでそのフレーズを弾けるようになるとエレキギターらしいフレーズを
覚えられるし人前で軽く演奏しても喜ばれること請け合い(かもしれない)。

真面目に語るとこの曲のイントロはエレキギターの主要テクニックである
チョーキング、ハンマリングオン、プリングオフ、ビブラートが
登場するのでエレキギターの練習素材にもってこいです。

>> Read More

関連記事
にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

| エリッククラプトン弾き方動画 | 10:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

「移民の歌(Immigrant Song)」の弾き方移民の歌の弾き方からリフについて学ぶ


Immigrants / Minnesota Historical Society


ジミーペイジはギタリストなら一度は弾いたことは
あるであろうギターリフを多く作曲した人物だと思います。

そのジミーペイジの作曲したリフをマスターすることは
エレキギターの魅力を味わうことはもちろんオリジナル曲を
作る際にも参考になるでしょうし、多くの方が悩む試奏のネタにも
なるでしょう(笑)

ジミーペイジ弾き方動画の第一回目として
「移民の歌(Immigrant Song)」を取り上げたいと思います。

>> Read More

関連記事
にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

| ジミーペイジ弾き方動画 | 11:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ジェフベックの曲からボリューム奏法のやり方を学ぶ



エレキギターにはいろいろな奏法が存在します。

チョーキング、スライド、タッピングなどなど
数え上げればきりがないわけですが、それらの奏法に
そのギタリストらしさが表れて面白い^^

今回はエレキギターの代表的な奏法である
ボリューム奏法について取り上げてみようと思います。

>> Read More

関連記事
にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

| ジェフベック弾き方動画 | 16:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

エリッククラプトン コカインのリフの弾き方動画




エリッククラプトンの代表的な曲はと質問すれば
おそらく思い思いのいろいろな答えが返ってきてしまうことでしょう。

ですがかなりの頻度でライブで演奏されるという点から
今回は「コカイン」の弾き方を取り上げます。

今回は弾き方動画第一弾ということでシンプルな曲を選んでみたつもりです。

さまざまな動画がありましたがこの動画が一番わかりやすいと思います^^

>> Read More

関連記事
にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

| エリッククラプトン弾き方動画 | 11:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ザ・フュージョン「スペースブギー」


space / Sweetie187


ジェフベックはジェフベックグループの解散後、
「Blow by Blow」「Wired」とフュージョンの方向性に進みます。

そしてそのフュージョン色が一層強まったアルバムが
「ゼア・アンド・バック (There and Back)」です。

「Wired」でもシンセサイザーを導入して
フュージョンしていたわけですが、「ゼア・アンド・バック」
になるとより顕著にフュージョンを極めようとしている感じを受けます。

>> Read More

関連記事
にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

| ジェフべック・ソロ(フュージョン) | 11:28 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

エリッククラプトンのチェンジザワールドの原曲

エリッククラプトンのカバーで有名になった曲「チェンジザワールド」

私は初めこの曲がエリッククラプトンの曲だと思っていて
すごい曲を書く人だなぁと思っていたのですが
クレジットを見たらそうではなかったので中学生の私は
がっかり(?)したような気がします(笑)

当時は自分で作った曲を歌うことが
一番素晴らしいことだと思っていたからです。

>> Read More

関連記事
にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

| コラム | 09:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

エリッククラプトンのチェンジザワールド(Change the world)

エリッククラプトンはベイビーフェイスのプロデュースで
チェンジザワールドをカバーし、グラミー賞を受賞しました。

(最優秀レコード賞、最優秀楽曲賞・最優秀ポップ男性ボーカル賞を受賞)

素晴らしいカバーなので、最初はエリッククラプトンの
曲なのかと思っていたのですがカバーなんですよね。

最初はブルージーなコード進行ですが
サビのコード進行が美しいですね^^

>> Read More

関連記事
にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

| クラプトン・ソロ | 09:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

変則リフが耳に残る曲「Black Dog (ブラックドッグ)」




この曲の紹介をしていませんでした。

「レッド・ツェッペリン IV (LED ZEPPELIN IV)」に
収録された変則的なリフが印象的なこの曲。
かなり好きな曲で中学生高校生の時よく練習していました。
ギターをやっていない友人へ受けは悪かったのですが(笑)

それではどうぞ。75年のロンドンライブの映像です。

>> Read More

関連記事
にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

| レッドツェッペリン Ⅰ~Ⅳ | 09:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

さらにテクノロックへ~アルバム「JEFF」(ジェフ)から「Plan B」(プランB)




2003年にリリースされた「ジェフ」 は、前作
「ユー・ハド・イット・カミング」のテクノロック路線を
推し進めた作品です。

アルバムの二曲目「Plan B」はグラミー賞を受賞しています。
(ベスト・ロック・インストルメンタル・パフォーマンス)

シンセサイザーのゆったりとした前奏から始まり
アコースティックギターの伴奏。
そして激しいドラムンベースによるリズムが始まる
非常に動的な曲です。

>> Read More

関連記事
にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

| ジェフべック・ソロ(テクノロック) | 09:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

エリッククラプトン アンプラグド版「レイラ(Layla)」動画


Martin


今回はクラプトンの名曲レイラを紹介します。
以前もデレクアンドザドミノスの曲として紹介しましたが
今回はアコースティックギターで演奏されたバージョンです。

この曲は1992年リリースの
「アンプラグドアコースティック・クラプトン」
に収録されています。

非常にスローな演奏になっているので
セルフカバーのような感じで,エレキギターで演奏されるのとは
一味違った魅力が感じられます。


>> Read More

関連記事
にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

| クラプトン・ソロ | 10:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ジミーペイジがストラトキャスターを弾いている動画「In The Evening」


レスポール


ジミーペイジが使用しているギターといえば
Gibson社のレスポールが一般的です。


その他にもダブルネックのギター(天国への階段で使用)や
テレキャスター、ダンエレクトロ(カシミールで使用)が有名ですね。

動画を探していたら偶然にもストラトキャスターを
弾いている動画を発見しました。

>> Read More

関連記事
にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

| レッドツェッペリン 「聖なる館 」以降~ | 10:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ジェフベックがグラミー賞を獲得した曲「Dirty Mind」


Jeff Beck / MandyHallMedia


10年ぶりのソロアルバム「フーエルス!」でテクノ路線を
披露しファンを驚かせたジェフベック。

それから間もなくの2001年にアルバム
「ユー・ハド・イット・カミング (You Had It Coming)」
をリリースします。

>> Read More

関連記事
にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

| ジェフべック・ソロ(テクノロック) | 10:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

エリッククラプトンとブルース「スイートホームシカゴ(Sweet home Chicago)」


Eric Clapton on TVEric Clapton on TV / Felixe



エリッククラプトンはブルースを聞いてギターに目覚め、
自身の音楽性をブルースを基本に据えてきました。

ヤードバーズ、ブルースブレイカーズ時代は純粋に
ブルースに打ち込み、クリーム時代はブルースを発展させた
オリジナル曲も演奏しました。ソロになってからも
ブルースを頻繁に演奏しています。

とある雑誌のインタビューには
「死ぬまでブルースを歌い続ける」と
彼は語っていました。


>> Read More

関連記事
にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

| コラム | 10:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

カントリーウェスタン風の曲「イン・スルー・ジ・アウト・ドア (In Through the Out Door)」から「Hot Dog」

レッドツェッペリンのボーカルのロバートプラントの
息子が1977年に突如亡くなったため、しばらく
ツェッペリンは活動を休止します。

そしてプラントが復帰した1978年に新作へ
のスタ―トをきり、1979年に8作目のアルバム
「イン・スルー・ジ・アウト・ドア」を発表します。

>> Read More

関連記事
にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

| レッドツェッペリン 「聖なる館 」以降~ | 11:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

テクノロックアルバム「フー・エルス! (Who Else!)から「ホワット・ママ・セッド - What Mama Said

ジェフベックはグラミー賞を受賞した「ギターショップ」を
リリースした後、10年間ソロ作品の発表がありませんでした。

そしてギターショップのリリースから10年後、
1999年に「フー・エルス! (Who Else!)」を
発表します。

このアルバムは今までのフュージョン的な路線ではなく
打ち込みが多用されたエレクトロニカ、テクノの路線
に向かったアルバムとなりました。

>> Read More

関連記事
にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

| ジェフべック・ソロ(テクノロック) | 09:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

「ティアーズ・イン・ヘヴン」(Tears In Heaven)アンプラグド動画

ティアーズ・イン・ヘヴンは当時四歳だった息子コナーが
マンションから転落死するという悲劇的な出来事の後に
書かれた曲。

あまりの衝撃にクラプトンがまたドラッグに
おぼれてしまうのではないかともささやかれましたが、
クラプトンはこの曲を書くことで深い悲しみから脱したのでした。

>> Read More

関連記事
にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ

| クラプトン・ソロ | 10:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。